Androidユーザー待望?WWDC 2016で「iMessage for Android」を発表か

 
iMessage-logo

iPhoneなどのiOSやMacで利用できるメッセージサービス「iMessage」は、高い暗号化技術が採用されており、Appleでもメッセージ内容を解析できないことから高い注目を集めている。

そんな、iMessageにAndroid版として「iMessage for Android」がWWDC 2016にて発表されることをMacDailyNewsがAppleに精通した情報筋から得た情報として報じている。

プラットフォームの垣根を越えたやりとりが可能に

「iMessage」は、iOSやMac OS上で動作するメッセージアプリであるが前述したようにAppleでも解析することのできない暗号化技術から高評価を集めている。このメッセージアプリを、Androidでも使用できるようにしたのが「iMessage for Android」で、エンドツーエンドの暗号化技術を盛り込んだほか、AndroidとiOSデバイス、Mac間で安全なメッセージのやりとりが可能となる。

Appleは、基本的にはクロスプラットフォームにおける展開に関して消極的である一方、Apple MusicにおいてはAndroid向けにもサービスを行っている。そのため、Android向けにiMessageがリリースされることとなれば、iCloudなどのAppleデバイス向けサービスにおいてもクロスプラットフォームな展開がなされていくことを期待することができはしないだろうか。

なお、計画は流動的であるためWWDC 2016では発表されない可能性も十分にあるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA