WWDC 2016にてSiriをサードパティへ開放へ − OS XのSiri搭載についても言及

 
Siri

Appleが日本時間14日未明にも開催を予定している開発者向けイベント「WWDC 2016」において、Siriをサードパティへ開放すると発表する見通しであることが、WSJにより明らかとなった。

今回の情報が正しいものであれば、Uberによる配車や航空会社と連携しフライトのチェックインが行えるようになるほか、映画の予約などもSiri単体でこなすことが容易となる。

なお、WSJは事情に精通した人物らから得た情報としてた上で、OS XでもSiriが使用できるようになる見込みであることも報じている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA