FBI、Appleに脆弱性を指摘するも既に修正済みで赤っ恥

 
Mac_iPhone_iPad

iPhoneのロック解除問題を巡り対立していたAppleとFBIであるが、FBIが外部のハッカーに暗号化を解除してもらい幕を閉じたことはご存じだろう。解除に用いられた脆弱性を公開する気は無いFBIが別の脆弱性を同社に報告していることが明らかとなった。

Apple「9ヶ月前に修正済み」

アメリカでは政府当局によってプログラムに脆弱性が発見された場合、対象となる企業に情報公開を要請する「Vulnerability Equities Process(脆弱性公平プロセス)」なるものがあるのだが、ハッカーが用いた脆弱性については一切口を割らない姿勢を見せている。

そんな中、FBIは4月14日の時点でiOSとOS Xで発見された脆弱性を同社に報告していたことが明らかとなったのだ。ただ、今回報告された脆弱性について同社は周知済みなだけでなく、9ヶ月も前に修正を済ませたものであったようだ。

FBIとしてはAppleに対して恩を売りたいところであったようだが、結果として赤っ恥をかくこととなってしまった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA