【ロック解除問題】FBI、iPhoneのロック解除をハッカーに依頼していたことが明らかに

 
Apple_FBI

FBIとAppleによるiPhoneのロック解除問題は、FBIがイスラエル企業Cellebriteが作成したツールを用い終結したとされていたが、どうやら同ツールは用いておらずプロのハッカーを雇用していたことが判明した。

実はハッカーが協力していた

Washington Postが報じたところによれば、FBIはiPhone 5cのロック解除にあたりCellebriteが作成した「UFED Touch」と呼ばれるツールを使用したとされていたが実際にはゼロデイ脆弱性を発見したハッカーに協力を仰ぎ解除に成功したとしている。

この報道が事実であれば、iPhoneの脱獄に用いる際の鍵にもなるものと考えられるため、「iOS 9.3.2 beta 1」の脱獄報告を行っているLuca氏と同様の脆弱性の可能性も考えられる、

なお、以前お伝えしたように「iPhone 6」においても今回は利用されなかったとするCellebriteが突破寸前であると報じられているようにAppleと民間企業、政府当局とのプライバシーに関する闘いは続いていきそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA