脆弱性が修正されることなく「QuickTime for Windows」のサポートが終了へ

 
quicktime

本日、アメリカ合衆国国土安全保障省のコンピューターセキュリティ対策チームが発表したレポートによると致命的な脆弱性が2つ発見された「QuickTime for Windows」が脆弱性の修正を行わずサポートを終了することが明らかとなった。

これに伴い、Windowsで「QuickTime for Windows」をインストールしているユーザーは速やかにアンインストールを行うことを推奨するよう呼びかけが行われている。

なお、Mac向けQuickTimeに関しては引き続きサポートが継続されるとのことなので通常通り使用して問題はない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA