FBI、「iPhone 5s以降のモデルはロック解除することができない」ことを明かす

 
apple-fbi-plaque-phone

FBIの一方的な終結となったiPhoneのロック解除問題であるが、具体的な解除方法についてAppleに明かすことはないとしている。

そんな中現地時間7日、ジェームズ・コミーFBI長官は今回の解除に用いた方法には一部のiPhoneにしか用いることが出来ないことを明らかにした。

ロック解除ツールは民間企業から購入

今回の一連の騒動で用いられたロック解除の手法は先述したように、Apple側に明かす気は毛頭ない一方、暗号化制限法案提出に動きを見せている一部の上院議委員に対してはその手法を明かしていることも分かっている。

今回FBIが用いたロック解除ツールは民間企業から購入したものであるとジェームズ・コミーFBI長官が認めており以前より協力が噂されていたサン電子子会社のイスラエル企業からの購入が有力視されている。なお、同ツールを利用しても暗号化が強化されたA7プロセッサを搭載した「iPhone 5s」以降のモデルに関しては解除することが出来ないことも明らかにしていることから、引き続きFBI側がAppleに対しロックの解除を要求する事案は起こりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA