FBI、「Appleの支援なしでiPhoneのロックを解除できる方法を入手した」と発表

 
apple-fbi-plaque-phone

本日(現地時間3月21日)に行われたスペシャルイベントの冒頭でもFBIとのロック解除問題に触れ、プライバシー問題に関しAppleなりの見解を改めて示していた。

そんな中、FBIがAppleの支援がなくともiPhoneのロックを解除する方法を入手したと発表したのだ。

FBI、Appleの協力はいらない

現地時間3月21日、FBIは「Appleの協力なくしてもテロ容疑者のiPhoneのロックを解除できる可能性が見いだせた」として22日に予定されていた公聴会を4月5日に延期することを申し出た模様だ。

今回、FBIが可能性として見いだした具体的なiPhoneのロック解除手法は明かされておらず、万が一同手法で解除が出来なかった場合は再びAppleに解除要請を出すとしている。

FBIにもたらされたロック解除方法はマカフィーの創業者であるジョン・マカフィー氏が、以前に「私なら3週間で解除することが出来る」と公言していただけに同氏から支援を受けた可能性も考えられるが、果たしてFBIは今回見いだした手法で解除することが出来るのか。続報を待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA