Apple、iCloudにGoogleのクラウドプラットフォームを部分的に運用

 
icloud-google-cloud-platform

Appleが提供しているクラウドサービスiCloudは、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureを用いて運用されているのだが、部分的にGoogleのクラウドプラットフォームも使用していることが明らかとなった。

他サービスに分担することにより依存度やコスト削減を目標か

iCloudは、iPhoneやiPad、Macなどのプラットフォームでコンテンツの同期を行うことができるクラウドサービスである。同サービスは、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureで運用されていることはご存じの方も多いかと思うが、その他にもGoogleのクラウドプラットフォームが部分的に利用されていることが明らかとなった。

既にAppleはGoogleに対し、400万ドル(約4.45億円)から600万ドル(約6.68億円)を支払っていることも明らかとなっており、複数のサービスに運用を分散させることによって依存度やコスト削減を目指しているものと考えられる。

災害などが起きた際にもデータの保存先が分散化されることによって、データの消失を限りなく減らすことができるので今後もこのような対応をしていってほしいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA