Apple、iPhoneとiCloudバックアップの暗号化をより強固なものとするプロジェクトを進行

 
iphone-passcode

iPhoneのロック解除問題で大きく揺れているAppleであるが、次期iPhoneとiCloudバックアップの暗号化をこれまでよりも強固なものにするためのプロジェクトを推し進めているようだ。

Appleでもアクセス不可能な完全暗号化のバックアップファイルを

iPhoneのバックアップは、iTunesを介してのローカルバックアップとiCloudを介した外部ストレージバックアップの2通り。現在、iCLoudでバックアップされたファイルは暗号化はされているものの、それを解除する”鍵”をAppleが保存しているため捜査機関の要請があれば容易に読み取ることができてしまう状況となっている。

そんな中、今回の銃乱射事件を受けバックドアを作成するよう求められたためか同社はAppleでもアクセスすることができないよう、これまでApple側に保存されていた鍵をデバイス本体に紐付けセキュリティの向上を図る開発を進めている模様。

これに伴い、もしもiCloudのパスワードを忘れてしまった場合にはバックアップファイルへのアクセスが不可能となるためセキュリティを高めることが出来る一方で利便性をそいでしまう可能性も考えられる諸刃の剣だといえる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA