Apple、iPhone販売のテコ入れ策を検討中 ー 優秀な従業員へは報酬を

 

日本国内におけるiPhoneの販売台数はこれまでになく伸び悩み、それは各国においても同様の状態となっており、Appleの課題の一つともなっている。

こうしたiPhoneの販売台数の伸び悩みを解決する方策としてApple Storeで多くのiPhoneを販売した従業員に対し報酬を与える表彰制度の導入を検討していることが明らかとなった。

表彰者はクパチーノ本社で表彰

iPhoneの販売台数並びに売上高は2016年第1四半期の決算で発表されたものが過去最高記録を樹立したものの、勢いに関していってしまえば明らかに衰退傾向にあることが伺える。

既にAppleはiPhoneの販売成績が高い従業員をクパチーノ本社に招待する構想を導入予定で、現地時間2月21日から26日の間に何らかのアクションがあるとされている。今回のテコ入れ策がどれほど効果を発揮するのかは導入前であるため見当もつかないが従業員のモチベーション向上には繋がるであろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA