460円スマホ「Freedom 251」がiPhoneのパクリだと指摘され炎上中

 
Freedom 251_01

インド初460円の格安スマートフォン「Freedom 251」が、iPhoneのUIを模倣していると指摘され物議を醸している。

まさにiPhoneそのもの!

Freedom 251_02

僅か251ルピー(約460円)で購入することができる格安スマートフォン「Freedom 251」は、Android5.1(Lollipop)を搭載し、CPUは1.3GHzのクアッドコア、メモリは1GB、メインカメラは320万画素、フロントカメラは30万画素、2G、3G、GPS、Bluetooth対応とコストパフォーマンスは非常に高く注目が集まっていた。

そんな中、どっからどう見ても見覚えのあるあのホーム画面。そう、iPhoneのホーム画面を模倣したとしか思えないUIに対し物議を醸している。この件に関しHindustan Timesが取材を行ったところ、開発元であるRinging Bellsは「このデザインの権利をAppleは取得していなかったので我々は同じデザインを採用した」と話しているとのこと。

ただ、Appleが様々な技術並びにデザインの特許を取得していることは周知の事実でありSamsungを始めとした企業が裁判で大敗をきしていることからも権利周りは固められているはずだ。なお、この件に関しAppleの許可を得たのか尋ねたところ同社は回答を拒否したとのことだ。

今回の件に関しAppleからは未だコメントはなされていないが近い間、訴訟問題に発展するものと思われ今後の動向に注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA