Apple、中間証明書の有効期限切れにより2016年2月14日以前に作成したOS Xインストーラーが利用不可に

 
os_x_yosemite

Appleの中間証明書の有効期限切れに伴って、2016年2月14日以前に作成したOS Xのインストールディスクが利用できなくなったことが明らかとなった。

再ダウンロードすることにより利用可能に

今回の有効期限切れに伴い利用できなくなったOSは、El Capitan、Yosemite、Mavericks、Lionなど全てのOS Xインストールディスクが対象となっている模様。

有効期限切れになった要因としては、Mac App Storeの署名アルゴリズムをSHA-1からSHA-2へアップデートしたことが原因であるとTidBITSが伝えている。

なお、Mac App StoreからOS Xを再ダウンロードするかPCの日付を変更することによって解決することができるためそれほど影響を受けることはないものと思われる。ただ、再ダウンロードする際にはダウンロードするPCがそのOS Xとの互換性がある場合にのみ可能となっているためその点だけ注意が必要となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA