ピックアップ記事

世界の企業の何パーセントがApple製品を導入してるか知ってますか?

今日ではエンジニアはMacからLinuxにシフトしつつあるとの話があがって来ているが、これはあくまでもOSに限った話。デバイス自体においては、どこのメーカーの製品が一番使われているのだろうか。

企業向けにApple製品のマネジメントソフトウェアを開発しているJamfが、企業におけるパソコン製品の普及状況に調査した結果、なんと91%もの企業でMacが導入されていることが判明したようだ。

世界300社、企業規模は従業員50〜1万名以上を対象に調査

今回の調査は世界各国のうち300社を対象に行われ、企業規模は従業員50名と小さいところから1万名以上の大きなところまでとなっている。

調査結果の詳細を確認してみると91%がMacを、99%がiPhoneあるいはiPadを導入しているといった驚愕のレポートとなっている。また、以前から見て企業で利用しているApple製品が増えたと回答した企業は74%にも上り、iPhoneあるいはiPadが増えたと回答した企業においても76%と高い水準となっている。

このように多くの企業においてApple製品が利用されている一方でMacのみが導入されているわけではないようで、44%の企業ではMacかそれ以外のパソコンかを従業員自らに選択させるスタイルを取っている場合がほとんどのようだ。もちろん、スマートフォンやタブレットにおいてもiOSかAndroidかを選択することができる企業が71%も存在するようだ。

最近、Macの方がWindowsよりも費用対効果が優れているとして約10万台のMacを導入したIBMでは73%もの従業員が次のパソコンとしてMacが欲しいと回答しているとのデータもあるだけにサポートの容易さや費用対効果が優れているといった考え方だけでなく従業員らの声も少なからず反映されているのだろう。どちらにせよ、IBMがパソコンをMacに切り替えたことによって大幅にコストダウンに成功したことを考えると多くの企業でMacが選ばれる理由もおのずと分かってくるだろう。

Source:Jamf






話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA