「Cheetah」から「EL CAPITAN」まで歴代のMac OS Xをイラストで表現したされたイメージが可愛すぎる!!

 
Mac-OS-X-01

つい先日リリースされた「OS X El Capitan」では革新的な機能が豊富に盛り込まれ、これまでよりもより一層利便性の高いものとなった。

今回リリースされたOS X EL CapitanでOS Xシリーズは15年もの歴史を刻んできたわけであるが、この15年間でリリースされた歴代OS Xを描いたイラストが公開されていたので紹介する!

すべての始まりは「Cheetah」から

cheetah-01

15年もの間、アップグレードされ続けてきたOS Xシリーズは「Cheetah」から始まった。ただ、「Kodiak」と呼ばれるベータ版が2000年9月に有償で公開されていたとのことなので厳密な話をすれば始まりはKodiakからだと言える。

2001年3月に「OS X 10.0」としてリリースされたCheetahは、TextEdit,Preview, Mail,QuickTimeをプリインストールしインストール所要最低スペックはRAMが128MB、ストレージ容量が800MB以上だったようだ。

PANTHER

その後2001年9月に「PUMA」、2002年8月に「JAGUAR」、2003年10月に「PANTHER」がリリースされ、Macにプリインストールされていた「Internet Explorer」にとって代わり「Safari」がインストールされるように。

elcapitan

そして先日、ヨセミテ国立公園の岩にちなんでネーミングされた「EL CAPITAN」がリリースされ、アプリマルチタスキング表示機能「Split View」などが新たに盛り込まれるなど快適度はこれまでのOS Xとは全く異なるものへと生まれ変わった。

今後のアップグレード内容に関しても注目していきたいところ。
なお、歴代のOS Xイラストを確認してみたいといった方は確認してみたい方はこちらより認することが可能だ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA