OS X 10.11 El Capitanにおいて「Office 2016 for Mac」がクラッシュする不具合が発生中

 
Office_2016_for_Mac

世界各地で最も利用されているといっても過言ではないソフトウェア「Office」であるが、先日アップデートが行われた「OS X 10.11 El Capitan」において「Office 2016 for Mac」がクラッシュする不具合が多数報告されていることが明らかとなった。

不具合の根本的な原因は明らかにならず

この不具合はマイクロソフトのサポートフォーラムにて報告されているもので報告数は日に日に増加傾向に向かっているものの、マイクロソフトによると現時点では根本的な打開策を見つけることは出来ておらず、Macを再起動させることで一時的にではあるが対処することが可能であるといった事しか判明していないようだ。

既にAppleとマイクロソフトの2社合同でこの問題に対し取り組みを開始したとのことで、近々行われるであろうOS XのアップデートあるいはOfficeのアップデートによって不具合が解消されるものとみられている。

Officeを頻繁に利用するであろう学生やサラリーマンは正式に対応するまでは「OS X 10.11 El Capitan」へのアップデートを控えておくことをお勧めする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA