【比較】「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリー持ちがいいのはTouch Bar搭載モデル?非搭載モデル?

 
macbook_pro_touch_bar

ノートパソコンを購入する上で必ずと言って良いほど確認する項目の一つはバッテリー持ちであろう。例え、フル充電して持ち運ぶにしても使い方次第では1日保たせることもやっとなはず。

それでは、着々と発送準備が整い始めてきた13/15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Bar搭載モデルおよび非搭載モデルではどうだろうか。Ars Technicaが比較したいたものをご紹介。

電池持ちがいいのは「Touch Bar」非搭載モデル

Ars Technicaが公開したレポートでは、「MacBook Pro (Late 2016)」の他にも昨年モデルやWindowsなども含まれてはいるものの今回の記事では新型MacBook Proにのみフォーカスしていく。

まず、Wi-Fi接続時におけるバッテリー駆動時間のテスト結果は以下の通り。

touch-bar-charts-battery-wi-fi

Wi-Fiに接続した場合

この結果を見て頂ければ分かるように、最もバッテリー持ちが長かったのは13インチ型の「Touch Bar」非搭載モデルの961分(約16時間)。「Touch Bar」搭載モデルの場合には、内蔵GPUとdGPUが自動的に切り替わるよう設定した15インチ型でバッテリー持ちが933分(約16時間)dGPUのみを使用するよう設定した場合は449分(約7時間)と設定によって駆動時間が大幅に異なったものの、15インチ型で内蔵GPUとdGPUが切り替わる状態にしておけば13インチ型と遜色ないバッテリー持ちを実現可能となっている。

また、インタラクティブな 3D グラフィックスや 2D グラフィックスをレンダリングするための「JavaScript API 」を使用した場合のバッテリ持ちについての結果も公開されており以下のような結果に。

touch-bar-charts-battery

JavaScript APIを動作させた場合

こちらの結果においては、Wi-Fi接続時とは異なり全体的にWindows機の圧勝となっている。しかしながら、JavaScriptを常時読み込ませている状況は通常であればそうそう無いのでそこまで気にする必要はないだろう。

公式の情報では、「MacBook Pro (Late 2016)」のバッテリー持ちはすべて10時間とされていたものの、今回の結果からも分かるようにそれ以上の働きを見せてくれた。また、Touch Bar搭載モデルにおいては13インチモデルよりも15インチモデルの方が持ちがいいことは購入する際のポイントとして考えてみるのもアリだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA