Appleが「MacBook Pro(Late 2016)」にUSB-Cだけにした狙いとは?

 

macbookpro_thunderbolt-3

MacBook Pro(Late 2016)」では、SDカードスロットやHDMI、USB-A、MagSafeなど様々なものが廃止され少なからず不満の声があがっている。唯一残っているのは、USB Type-C(USB−C)であるが、Appleはなぜこのような仕様にしたのだろうか。

その疑問に対する回答をAppleの元エンジニアが語っているのでご紹介。

変換アダプターを購入させることが狙い

Appleの元エンジニアであるエル・リスタス氏によれば、「お金になるから」と一言。確かに、ほとんどのアクセサリーがUSB-Cに対応していないため「MacBook Pro(Late 2016)」を購入した場合には必然的に変換アダプターを購入する必要が生じてくるだろう。同氏が言いたいことは、まさにこの辺りでの収益を指している。

USBポートが廃止されたことにより、iPhoneを接続する際ですら変換アダプターが必要となったことは利便性を考えると決していいものとは言えない。Appleは、Lightningポートのライセンス料で毎年数億円稼いでいるが今回を機にUSB-Cポートのライセンス料で巨額の富を得ようとしていることが覗える。

なお、「USB-C-USBアダプタ」は2,200円、「USB-C-Lightningケーブル」は2,800円で購入することができるが年末までは順に900円、2,200円の特価となっているので気になる方は購入しておくことを推奨する。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA