「MacBook Pro(Late 2016)」、既存のThunderbolt 3デバイスに非対応―その要因とは

 
mbp13touch-gray-select-201610

MacBook Pro(Late 2016)」では、Windows認証のThunderbolt 3ドックおよびアダプターに対応していないことがPlugableの指摘により明らかとなった。

要因はチップセットによる互換性がないため

Plugableによれば、「MacBook Pro(Late 2016)」に搭載されているmacOS Sierraが旧モデルのWindows認証のデバイスに対応していないとのこと。

その理由として、新型「MacBook Pro」では既存のデバイスでTexas Instrumentsの第1世代USB-CチップセットとIntelのThunderbolt 3チップセットを搭載しているのに対して互換性のない第2世代のチップセットを搭載したデバイスにしか対応していないためだとしている。

この一件を受け、Plugableは販売している一部製品を新型「MacBook Pro」向けではなくWindows向けの製品として販売するとともに、第1世代チップ搭載デバイスと第2世代チップ搭載デバイスの互換性を持たせるための対策を講じているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA