「MacBook Pro (Late 2016)」、ヘッドホン端子は生き残ったものの”アレ”も廃止されていた!

 
macbook-pro_2012

新型「MacBook Pro」では、従来モデルよりも薄型化および軽量化が図られるなど常に持ち運んでいるユーザーにとっては有り難いアップデートの一つであったであろう。しかしながら、その分、SDカードスロットやHDMI、USB-Aなどが廃止されるなど必ずしも全てのユーザーが喜べるものとは言い難かった。

また、先日3.5mmヘッドホンジャックが残った理由についてはお伝えしたとおりであるが、光デジタルオーディオ出力が廃止されていることが新たに明らかとなった。

Apple「利用ユーザーが少ないから取り除いた」

AppleInsiderによれば、「MacBook Pro(Early 2015)」以前までは仕様ページにオーディオライン出力に対応(デジタル/アナログ)との記述がなされていたが、「MacBook Pro (Late 2016)」ではTouch Barの搭載有無に関わらず3.5mmヘッドフォンジャックと記載さているだけであるとのことと。実際に筆者もAppleの公式サイトに記載されている仕様ページをチェックしたところ確かに記述が削除されていることが確認できた。

また、実機で確認することのできるシステム情報でも2015年以前のモデルでは表示のあった「S/PDIF 光デジタルオーディオ出力」が13インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」では消えていることが明らかとなっている。

macbookpro_didital-audio_01

MacBook Pro(Early 2015)

macbookpro_didital-audio_02

MacBook Pro (Late 2016)

この一件に対し、AppleInsiderがAppleにコメントを求めたところ「利用するユーザーが少なかったため廃止した」とした上で「今後も光デジタルオーディオ出力に対応したUSB Type-Cのプロ向けのオーディオ機器は増えていくし現時点においても数多くある」と述べたとのこと。

何かと新型「MacBook Pro」では馴染みの深かったものが廃止されてしまっているだけに、これから購入を検討している方はその辺りを含めた上で買えていく必要がありそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA