「MacBook Pro (Late 2016)」でiPhone 7では廃止さたヘッドホン端子が残っている理由とは

 

iphone-audiojack

Appleは将来的に全てのApple製品からヘッドホン端子を廃止することを視野に入れており、実際に「iPhone 7」シリーズではヘッドホン端子が廃止されている。

それに伴い、新型「MacBook Pro」でも廃止されるのではといった声も少なからず上がっていたもののフタを開けてみれば、そのようなことはなくホッとしたユーザーも多いのではないだろうか。では、なぜ廃止されなかったのだろうか。その理由についてAppleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長がコメントしているのでご紹介。

ヘッドホン端子を廃止しなかった理由それは…

新型「MacBook Pro」でヘッドホン端子が廃止されなかった理由について、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長Phil SchillerがThe Independentのインタビュー内でコメントしている。

同氏によれば、MacBook Proがプロ向けの高性能なマシーンであることを述べた上で、「プロ向けのオーディオ機器の多くはスタジオモニタやアンプを含む3.5mmヘッドホン端子を必要とするため、取り除くことができなかった」とコメントしている。

つまるところ、iPhone 7シリーズにおいてヘッドホン端子が廃止された背景にはiPhoneユーザーの多くがイヤホンジャックとして利用していたことが大きいためだと考えられる。MacBookにおいては、プロ向けのオーディオ機器がワイヤレスに対応しない限りは廃止されなそうなので安心できそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA