iFixit、「MacBook Pro (Late 2016)」Touch Bar非搭載モデルの分解レポートを公開―電池容量等が明らかに

 
macbook-pro-_late_2016_no-touch-bar

分解レポートに定評のあるiFixitが、「MacBook Pro (Late 2016)」Touch Bar非搭載モデルの分解レポートを公開した。

今回公開されたレポートによれば、既存モデルである13インチ型「MacBook Pro (Early 2015)」と比較して新型「MacBook Pro」はバッテリー駆動時間は10時間と変化はないとしながらも、電池容量は約27%削減された54.5Whであると報告している。駆動時間に関しては、Apple公式のスペックシートにも記載されている。

また、SSDは取り外しが可能でSanDisk製であるとのことでSSDコントローラーはApple独自規格を採用していることが明らかとなったほか、第2世代目となるバタフライ式キーボードにおいては12インチ型「MacBook」に採用されているものとは構造が異なるものが採用されているとのこと。

なお、iFixitが独自にバラし難易度を評価しているリペアスコアは10段階中2(10が最も易しい)となっていることから初心者がうかつに手を出すことは止めておいた方が無難である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA