新型「MacBook Pro」に搭載されるTouch Barの修理費用はキーボードよりも高額に

 
touchbar_macbook-pro

新型「MacBook Pro」より新たに搭載されたTouch Barに早く触れてみたいと心待ちにしているユーザーも多いのではないだろうか。Office for Macや1Passwordなど人気ソフトにでも実装が発表されているだけに期待が高まるばかりである。

そんな、最新技術が詰め込まれたTouch Barであるが万が一、壊してしまった際には高額な修理費用が発生する可能性が高そうだ。

「Touch Bar」が壊れればTouch IDも交換か

「MacBook Pro (Late 2016)」に搭載されているTouch Barは、Retina画質の有機ELディスプレイであり、これまでキーボード上部に配置されていたファンクションキーの役割を担っている。

これに飲み物をこぼした場合の影響について、iPhoneの分解レポートなどで定評のあるiFixitのエンジニアは「Retinaディスプレイをキーボードに配置すれば、従来よりもMacBook Proは壊れやすくなる。防水処理が為されているかどうかは分解してみない限り分からない。」とコメントしている。

また同氏は、指紋認証センサー「Touch ID」が埋め込まれていることによって、Touch IDとT1チップは出荷時点でペアリングされているものと考えられることからどちらか一方が壊れたらもう片方も交換しなくてはならなくなるだろうと指摘している。

これらを考慮した上で、Macの修理業者によればTouch Barの首里費用は旧モデルのMacBook Proのキーボード交換費用(約2万円)よりも高くなることは、まず間違いないだろうとのこと。

現時点では、Touch Barに関する正式な修理費用は公開されていないため必ずしも今回上げられた金額になるとは限らないものの念には念を入れ、これから購入する方は是非ともAppleCare Protection Plan(13インチモデルが23,800円+税、15インチモデルが32,800円+税)に加入しておくことを推奨する。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA