Apple、故障したiPhoneの下取りサービスを新たに開始か

 

iPhone

国内三大キャリアであるドコモやソフトバンク、auにおいてiPhoneの下取りは既に開始されてはいるものの、ディスプレイ割れを許容するキャリアは少なく大半の場合は下取りしてくれないケースとなっている。

そんな中、TIME誌によるとAppleが近いうちに故障したiPhoneの下取りサービスを開始するのではないかと報じている。

世界規模でサービスを開始、日本は含まれず

TIME誌によれば、Appleは近いうちに故障したiPhoneの下取りサービスを世界規模で展開する予定であり、下取り価格はiPhone5sは50ドル(約6,000円)、iPhone6は200ドル(約24,000円)、iPhone6 Plusは250ドル(約30,000円)になる見通し。

この下取りサービスではディスプレイ割れやカメラの破損など、Appleが独自に定める範囲内にはとどまるものの国内キャリアが許容しない状態にまで対応してくれることによりある程度の需要はありそうだ。ただ、現時点では同サービスの提供対象に日本は含まれていないため今後の動向に注目していきたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA