Apple、iPhone落下時に4隅から衝撃吸収バンパーが飛び出す機能を開発したことが明らかに

 
15010-10982-151119-Float-l

新たなiPhoneを手にした喜びもつかの間、入手早々手を滑らしてしまいディスプレイを割ってしまうユーザーが度々話題となることがなくなるかもしれない。

AppleがiPhone落下時に4隅から衝撃吸収バンパーが飛び出す機能を開発していることが新たに取得された特許より明らかとなった!

iPhoneの落下を自動で検知し作動

今回新たにAppleが取得した特許は、iPhoneが落下時に自動で状況を検知し4隅から衝撃吸収バンパーを自動で飛び出させるといったもの。検知に用いられる技術に関しては明らかになっていなものの、加速度センサーやジャイロスコープといった機能で識別するのではないかと考えられる

衝撃吸収バンパーの素材についてはプラスチックやゴムを混ぜあわせたものが用いられるとのことで、Appleが独自に作り上げた素材である可能性が高い。

なお、この技術だけではディスプレイを保護することには繋がらないが既に「スクリーンプロテクター」と呼ばれる特許が取得済みであることも明らかになっていることから近い将来デバイスの破損やディスプレイ割れに気を使う必要は減るかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA