iPhone10周年を迎える2017年は「iPhone 8」「iPhone 7s」が併売か

 
iPhone8_Concept

2017年に発売が見込まれているiPhoneは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した「iPhone 8」だけかと思われていたが、どうやら違ったようだ。

Apple Insiderによれば、同モデルの他に「iPhone7s/7s Plus」を併売するとのことで販売台数は前年比から20〜60%増になる見込みであるとのこと。

iPhone史上初、2モデル展開に

KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏によれば、2017年に発売されるiPhoneは有機ELディスプレイを搭載したiPhone 8シリーズと液晶ディスプレイのiPhone 7sシリーズの2モデルが併用販売されるとのこと。

4.7インチディスプレイ型「iPhone 7s」と「iPhone 8」の中間ポジションに位置する5.5インチディスプレイ型「iPhone 7s Plus」は、その微妙な立ち位置から従来モデルの85,800円(税別)よりも価格が引き下げされると予測されている。

また、同氏は2017年度後半に発売されるiPhoneシリーズの出荷台数は9,000万台から1億2,000万台にまで伸びると予測しており大きく伸びることとなりそうだ。その一方で、投資銀行Oppenheimerのアナリストは2017年のiPhone 8のリリースが売り上げ伸び率の最期のピークとなるだろと悲観的な予測もされており行く先が怪しくなっているのも、また事実である。

なお、iPhone 8の製造はFoxconnが担当し、iPhone 7sはPegatronが独占受注する見通しであるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA