Foxconn、iPhoneのアメリカでの生産を検討へ!次期米大統領トランプ氏の政策に追従か

 
iPhone7_and_iPhone7Plus

次期米大統領になることが確定したドナルド・トランプ氏は、アメリカにおける製造業の復活を公約として掲げるなどしており、その矛先はAppleも例外ではない。

そんな矢先、iPhoneのサプライヤーとして知られているFoxconnがiPhoneのアメリカ生産を検討している模様だとAsian Nikkei Reviewが報じている!

Foxconn、米生産を検討も―実現すればコスト増大

AppleはFoxconnに対して、今年6月にアメリカでiPhoneの生産を行えるかどうか打診を始めたようで、それと同時期に同社の検討も始まった様だ。

FoxconnにとってAppleからの売り上げは過半数を占めるものであることからも、可能な限り要望には応えたいところ。実際に、生産拠点を中国からアメリカへと移管した場合には大幅なコスト増大へとつがってしまうためテリー・ゴー会長としてはあまり乗り気ではないご様子。

以前にもお伝えしたMIT Technology Reviewの試算によれば、従来までの総コストはiPhone 6s Plusの場合、米国での販売価格749ドル(約82,800円)に対し、約230ドル(約25,400円)となっている。その一方で、仮にアメリカで組み立てが行われようになった場合には、コストは約30〜40ドル(約3,300〜4,400円)ほど跳ね上がると試算されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA