「iPhone」、出荷台数はピークに―年末には5〜15%減少の見通し

 
iPhone8_Concept

日本国内でもApple Payに対応した上に待望の耐水仕様になるなど噂通りの機能が搭載された「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」はジェットブラックを筆頭に在庫の回復に1ヶ月以上を要した。

出荷台数も順調かと思えた矢先、KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏が今年のiPhone出荷台数は既にピークだとした上で、11月から12月にかけては5〜15%ほど減少するだろうと予測している。

iPhone 6s」シリーズからのスペック向上が乏しい

KGI証券のアナリストのクオ氏によれば、売り上げの多くを担っている「iPhone 7」の需要は「iPhone 6s」からのスペック面でのアップデートが乏しかったことから伸び悩んでいるとしている。確かに、iPhone 6sと機能面および外観の大きな変更点は見受けられることができないため買い換える必要が無いと考えるユーザーは多くいることだろう。

また、リリース当初より在庫不足に陥っていた「iPhone 7 Plus」においても、オンライン注文に限った話ではあるものの注文から発送までの日数が大幅に短縮されていることから需要と供給のバランスは落ち着いてきているとしている。ジェットブラックが品不足に陥ったことに関しても、初期生産台数が極端に少なかったとした上で、大きな需要があったというわけではないとしている。

KGIの出荷台数予測は7,000万〜7,500万台と、他者アナリストの平均である7,500万〜8,500万台よりも大幅に低い数字が算出されている。実際どのように推移していくのか現時点では何とも言うことができないが今後の推移に注目していきたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0
TAG :

Comment

*

CAPTCHA