「iPhone 8」ではVRやARの先を行くMR(複合現実)が搭載され筐体はガラス製に

 
playstation_vr%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

iPhone 7の発売から今日で1ヶ月ほど経過したわけであるが、早くも来年2017年に発売が見込まれている「iPhone 8」の情報が明らかとなった。来年はiPhone登場から10年の節目にあたる年であることから、大幅なアップデートが見込まれている。

どうやら、iPhone 8ではiPhone 4s以来のガラス製の筐体になり、VRやARとは一線を画すMR(複合現実)が搭載された近未来的なデバイスになるようだ。

「AR」「VR」「MR」の違いとは

そもそも、「AR」「VR」「MR」各々の仕組みを理解していない方も多いと思うので簡単にではあるが順に説明していく。

ARは拡張現実のことでポケモンGOのようにデバイス等を用い現実の世界に仮想情報を重ね合わせる技術である。VRは、バーチャルリアリティのことでフルCGやフル動画を表示することによって仮想現実を作り出している技術である。MRは、複合現実のことでARとVRを合わせたようなもので、現実世界をCGで拡張しあたかも目の前にあるかのように感じ、触ったり動かしたり出来る技術である。(参考:ARナビキャラ)

UploadVR創業者が信用できる情報筋から入手

今回、iPhone 8の筐体がガラス製となり、ディスプレイにはOLEDパネルが採用されるほか、MRシステムが採用されるといったリーク情報を入手したのは元Microsoft勤務の経歴を持ち、現在はUploadVRの創業者であるロバート・スコーブル氏。同氏が信用できる情報筋から得た情報であるとしたことによりリーク情報に注目が集まっている。

なお、VRに対応したスマートフォン「Pixel」が既にGoogleから発表されるなどVR搭載が当たり前となってくる可能性も十分に考えられる。その中で、実用化にはまだ時間がかかると言われているMRに着手しているといことは期待したいところである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA