「iPhone 7」、2週間時点での普及率でiPhone 6sを上回る結果に

 
iphone-7-share0-1

発売から2週間経過し在庫にも余裕が出始めた「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」であるが、現時点での普及率が3.6%に達し、iPhone SEを上回っていることが明らかとなった。

上昇傾向にある「iPhone 7」シリーズ

Localyticsが行った調査によれば、iPhone全体におけるiPhone 7のシェアは発売から1週間で1.7%に達し、2週間目には2.7%にまで達したとのこと。iPhone 7 Plusにおいても同様に0.2%から0.9%へとシェアを伸ばしている。

ただ、LocalyticsによればiPhone 7シリーズの普及率について事前予約したユーザーに対しようやく手元に届き始めた段階であるとの見解を示しており、成功したか否かは明らかになってくるのはこれからだとしている。確かに、中国や日本ではジェットブラック、ブラックなどのカラーラインナップに対する事前予約が3割〜5割とも言われている状況なので、そのあたりのユーザーに行き届いていないうちは判断できかねることは言うまでもない。

iphone-7-share1-1

また、iPhone 7シリーズの発売から2週間のシェア率を他のシリーズと比較してみると2015年に発売されたiPhone 6sシリーズのシェア率に関しては大幅に超えていることが見て取れることから現段階でもある程度の成功を収めることができたことは間違いないといえるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA