iPhone、日本国内で初!出荷台数前年割れの10.6%減に

 
Phone-Share-2015-02

本日、MM総研は独自に調査した「2015年国内携帯電話端末出荷概況」を明らかにし総出荷台数は前年比6.6%減の3,577万台だとし、4,375万台を出荷した2012年から3年連続で減少していることを発表した。

首位はAppleが獲得するもののシェアは前年割れ

Phone-Share-2015-01

スマートフォン出荷台数は、前年比0.4%減の2,758万台で、フィーチャーフォン出荷台数は前年比22.6%減の819万台と大幅な減少をみせている。

そんな中、2015年のメーカー別出荷台数シェア1位はAppleが獲得しており爽臭っか台数に占めるシェア率は41.2%とほぼ過半数を占めており依然としてiPhoneの人気を伺うことができる。ただ、前年度比10.6%減とはつの前年度割れも記録しており必ずしも順風満帆といった結果ではない様子。

3月下旬から4月上旬にかけて、4インチ型「iPhone 5se」がリリースされるとの噂もあるので、右肩下がりであるシェア率を回復させることができるのか注目していきたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA