【iPhone X】アプリを切り替える2つの方法

ホームボタンの廃止により、「iPhone X」では様々な操作がジェースチャーへと切り替えられたわけであるがその中でも特にアプリの切り替えにおいては革新的に向上したと言えるだろう。

従来までのiPhoneではホームボタンをダブルクリックした上でアプリスイッチャーを起動させる必要があったが今回は違う。勿論、アプリスイッチャーを起動させた上で任意のアプリを選択するといった動作も可能ではあるがそれ以上に容易に行える手法が存在するのだ。そこで今回はiPhone Xにおいてアプリを切り替える方法を2通りご紹介していく。

①アプリスイッチャーからアプリを切り替え

まず、アプリスイッチャーを起動させる必要があるわけであるがディスプレイ下部から中央にかけてスワイプアップを行うだけで起動させることが可能だ。後は、任意のアプリを選択することによって切り替えを行って欲しい。

②ディスプレイ下部を左右にスワイプしアプリを切り替え

アプリ起動時ないしはホーム画面を開いた状態でディスプレイ下部を左右にスワイプすることでアプリの切り替えが可能となる。切り替えのイメージは下記動画を参考にして頂きたい。

個人的な意見としては、アプリの強制終了においては従来までのiPhoneの操作性の方が好みであったものの、アプリの切り替えにおいてはiPhone Xの方が一枚上手のように感じる。この切り替え方法さえマスターしてしまえばiPhoneライフがより良いものになることは間違い無しなので、この機会に是非習得して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA