「iPhone SE」の在庫不足解消へ!Apple、考え改めSE向けチップの増産を決意

 
iPhone-SE

予約しているユーザーにもなかなか行き渡らずにいる「iPhone SE」。

先日、Appleが同デバイスの増産に踏み込まないワケをお伝えしたわけであるが、どうやらチップの増産に踏み切る意向を固めたようだ。

「iPhone SE」向けチップを増産へ

Digitimesによれば、業界の関係筋から得た情報として「iPhone SE」向けチップの増産を決めた模様。当初、2016年第2四半期における「iPhone SE」用チップの発注予定数は350〜400万台であったものの、予想を上回る反響をうけ2四半期(4〜6月期)には500万台以上へと上方修正したとされている。第3四半期(7〜9月期)についても引き続き同等の動きをするとのことで需要に応えられるよう計画を進めるようだ。

現在、「iPhone SE」は世界的に品薄状態が続いており予約しているユーザーにも行き届いていない状況となっている。既にスマートフォン市場が飽和状態になっているほか、Apple製品にしては比較的リーズナブルである同デバイスを多く流通させてしまうことは次期iPhoneのシェアにも影響を及ぼす可能性があることから避けたいようだ。

ただ、これ以上ユーザーを待たせることはユーザー離れになりかねないと危惧したAppleは苦渋の決断として増産に踏み切ったものと考えられる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA