【比較】「iPhone SE」、NTTドコモ・au・SoftBank・Appleでの端末代金&実質負担額

 
iPhone_SE

3月31日に発売される4インチ型「iPhone SE」の端末代金を大手3キャリアである、NTTドコモ・au(KDDI)・SoftBankが発表した。

また、新規及びMNP、スマートフォンからの機種変更をした際の端末代金とガラケーからの機種変更した場合の端末代金に関しても発表されたので、SIMフリーを販売するAppleも含め代金を比較してみた。

NTTドコモ・au・SoftBank・Appleの端末代金

iPhone SE
NTTドコモ
au(KDDI)
SoftBank
Apple
16GB
64GB
16GB
64GB
16GB
64GB
16GB
64GB
端末代金
(税込み)
57,024円
69,984円
56,880円
69,480円
56,880円
69,840円
57,024円
69,984円
割引額
-1,944円
×24か月
(-46,656円)
-2,106円
×24か月
(-50,544円)
-1,920円
×24か月
(-46,080円)
-2,220円
×24か月
(-53,280円)
-1,920円
×24か月
(-46,080円)
-2,235円
×24か月
(-53,640円)
実質負担額
432円
(10,368円)
810円
(19,440円)
450円
(10,800円)
675円
(16,200円)
450円
(10,800円)
675円
(16,200円)

大手3キャリアは16GBモデルに関してはともに1万円前後、64GBモデルに関してはドコモのみ他2社よりも3万円ほど高い約1.9万円といった結果となった。

特段、通信料金を抑えたいなどの理由がない限りは2年間同じキャリアで使い続けてしまった方が端末代金の負担額は抑えることが出来る

新規・MNP・スマートフォンから機種変更した際の端末代金

iPhone SE
NTTドコモ
au(KDDI)
SoftBank
16GB
64GB
16GB
64GB
16GB
64GB
分割支払金
月額
(支払総額)
2,376円
(57,024円)
2,916円
(69,984円)
2,370円
(56,880円)
2,895円
(69,480円)
2,370円
(56,880円)
2,910円
(69,840円)
割引額
–1,944円
×24か月
(-46,656円)
-2,106円
×24か月
(-50,544円)
-1,920円
×24か月
(-46,080円)
-2,220円
×24か月
(-53,280円)
-1,920円
×24か月
(-46,080円)
-2,235円
×24か月
(-53,640円)
実質負担額
月額
(総額)
432円
(10,368円)
810円
(19,440円)
450円
(10,800円)
675円
(16,200円)
450円
(10,800円)
675円
(16,200円)

16GBモデルの最安はNTTドコモの10,368円で、64GBモデルの場合ではauとSoftBankの16,200円が最安となっている。

端末代金を少しでも削減したいと考えている方は、16GBモデルであればNTTドコモに、64GBモデルであればauかSoftBankに乗り換えを検討してみることもありではないだろうか。

ガラケーから機種変更した際の端末代金

iPhone SE
NTTドコモ
au(KDDI)
SoftBank
16GB
64GB
16GB
64GB
16GB
64GB
分割支払金
月額
(支払総額)
2,376円
(57,024円)
2,916円
(69,984円)
-2,340円
×24か月
(-56,160円)
-2,640円
×24か月
(-63,360円)
2,370円
(56,880円)
2,910円
(69,840円)
割引額
-2,376円
×24か月
(-57,024円)
-2,538円
×24か月
(-60,912円)
-1,920円
×24か月
(-46,080円)
-2,220円
×24か月
(-53,280円)
-2,352円
×24か月
(-56,448円)
-2,667円
×24か月
(-64,008円)
実質負担額
月額
(総額)
0円
(0円)
378円
(9,072円)
30円
(720円)
255円
(6,120円)
18円
(432円)
243円
(5,832円)

16GBモデルの最安はNTTドコモの0円で、64GBモデルの場合では5,832円のSoftBankが最安となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA