【まとめ】各メディアが教える「iPhone SE」のメリット・デメリット

 
iPhone_SE

3月31日より発売される4インチ型「iPhone SE」であるが、海外メディアを中心に一足早く実機の試用レビューが公開されている。

そこで今回は、これから「iPhone SE」の購入を検討している方向けに各メディアのレビューを簡潔に紹介していく!購入する際の参考になれば幸いです。

デザイン

日経トレンディネット

かつての主力モデル「iPhone 5s」と同じデザインのボディーに、最新モデル「iPhone 6s」と同等の装備を詰め込んでいる。本体は触ってみると絶妙なサイズ感。“小さな高級品”という存在感すらあり、モノとしての魅力を感じる仕上がりだった。意外にもデザインの古くささは感じない。

下手にiPhone 6/6sのような曲面デザインにリファインせず、現在でもユーザーからの評価が高いiPhone 5sのデザインを継承したのは評価できる。

側面のエッジ部分を斜めに切り落とした仕上げはiPhone 5sと同じだが、iPhone SEではこの部分が光沢処理ではなくマットな仕上げに変わった。細かな違いだが、華美な印象が薄れて質感がより高まった印象だ。

Via. 存在感は「小さな高級品」 iPhone SE実機レビュー(日経電子版)

TechRader
「iPhone 5s」と同じように手に収まりやすい点が魅力的であり、なめらかなデザインも評価できるとしている。

The Independent
「iPhone 6/6s」や「iPhone 6/6s Plus」を使用してきたユーザーが再び4インチといった小さなディスプレイになれることは難しいのではないかと、現行モデルを使用しているユーザーからは指示されないのではないかといった否定的な見方をしている。

The Wall Street Journal
「iPhone 5s」との見分けがつかず、コストを削減するためとはいえ「iPhone 6s」で採用されていたような丸みを帯びたデザインが採用されていないことに不満を募らせている。

・機能

日経トレンディネット

iPhone 5sと同じサイズのボディーを維持しつつ、最新モデルのiPhone 6sとほぼ同じ機能を凝縮した点は評価できる。A9のCPUやM9のモーションコプロセッサー、像面位相差AF(フォーカスピクセル)に対応した1200万画素のカメラ機能、Apple Payに対応したNFCなどはiPhone 6sと同じ。4K動画撮影機能や、写真とともにショートムービーを記録するライブフォト、液晶パネルを白く発光させて人物の顔を健康的に写すRetina Flashにも対応する。唯一省かれたのは、液晶パネルを強く押し込むことでサブ機能を呼び出す3D Touchぐらいだ。

Via. 存在感は「小さな高級品」 iPhone SE実機レビュー(日経電子版)

The Wall Street Journal
「iPhone 5s」と「iPhone 6s」の2モデルとのバッテリー持ちを比較した場合、「iPhone SE」は両モデルよりも2時間ほど多い10時間も持続したとのこと。それを踏まえた上で、iPhone史上最高のバッテリー持ちとして評価している。

The Daily Mail
「iPhone SE」ではiPhone 6sと同じ「A9」プロセッサが搭載されているため処理能力が高いことからゲームの起動が速いと高評価を受けている。また、数日間の仕様にもかかわらず、その処理能力には絶賛する以外の結論はつけられないとまでしておりハイスペックなゲームを楽しむことが出来るとしている。

iMore
iSightカメラは「iPhone 6s」と同じ1,200万画素であるにもかかわらず、FaceTimeカメラに関しては500万画素ではなく120万画素のままであることに対し不満を綴っている。

結局、「iPhone SE」は買いなのか

こればっかりは個人の感じ方にもよってくるが、私自身としてはかなりコストパフォーマンスに富んだiPhoneだと思う。各キャリア及びAppleのSIMフリー版の端末価格に関してまとめたが、この価格帯でNFCや1,200万画素カメラが搭載されていることを考えると買いだと言わざるを得ない。

また、なんといっても歴代iPhoneで最も安い価格であるということも忘れてはいけないだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA