「iPhone 6s」では3つのタッチ強度を識別可能にした新技術「3D Touch Display」を搭載!

 
forcetouch-01

iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」の発売まで残り僅かであるが、リーク情報は止まるとこを知らないでいる。同シリーズは内向き及び外向きカメラの性能が大幅に向上することはもちろんのこと、念願のRAMも2GBへとアップグレードされるなど大きな期待が集まっている。

9to5Macが有力な情報筋から得た情報によると、「iPhone 6s」に搭載される感圧タッチパネルの正式名称は「3D Touch Display」となり、タッチの強度により操作が変わってくる技術が用いられているとのことだ!

タッチ強度を3段階で判別が可能に

Apple Watch」や12インチ型「MacBook」で採用されているタッチ強度による識別技術がアップグレードされ「iPhone 6s」にも搭載されるとしている。Apple Watchと12インチ型MacBookでは”軽いタップ”と”深いプレス”の2種類が存在するが、「iPhone 6s」ではこれらに加え、「ディーププレス」と呼ばれる深いプレスが識別可能となり、3段階のタッチ強度を識別することが可能になったという。

同機能が採用されることにより、これまでとは異なった操作性を生み出すことが可能となり様々なゲームなどに応用されていきそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA