「iPhone 6s」、内向きカメラは500万画素へ大幅アップグレード?!

 
selfie

iPhone 6sシリーズである「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」に搭載されているカメラは外向き・内向きどちらもアップグレードされる可能性が高まった。

M.I.C. Gadgetによると「iPhone 6s」のFaceTimeカメラは500万画素のイメージセンサーが搭載されるとしている!

内向きカメラの性能は大幅にアップグレード

現行モデルである「iPhone 6」シリーズのFace Timeカメラの画素数は800万画素なのに対し、「iPhone 6s」シリーズでは1,200万画素と大幅なアップグレードが行われる他、シャッターを切った際に白い画面を表示する「擬似フラッシュ機能」が新たに追加されるとしている。

また、「iPhone 6s」のFace Timeカメラは従来のものよりも大きなセンサーを搭載しているらしいと先日にもお伝えしたが、同サイトでも内容が一致していることから、画質の向上は期待していいかもしれない。

「iPhone 6s」、4K動画撮影にも対応した1,200万画素カメラを搭載か?!

「iPhone 6s」、内向きカメラは従来のものよりも大型のセンサーを搭載か

 

話題のコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA