「iPhone 6s」、4K動画撮影にも対応した1,200万画素カメラを搭載か?!

 
iPhone

次期iPhoneこと「iPhone 6s」では念願のiSightカメラがアップグレードされ、1200万画素のイメージセンサーを搭載した5枚構成になるとされている。

ただ、アップグレードはそれだけに留まらず「iPhone 6s」は外向きカメラでは4K動画撮影に対応し、内向きカメラは擬似フラッシュ機能が新たに追加されることが9To5Macにより明らかとなった。

「iSightカメラ」が4年ぶりのアップグレード!

2011年に「iPhone 4s」がリリースされてからというもの現行モデルである「iPhone 6」シリーズまでiSightカメラは800万画素カメラが搭載し続けられてきた。それから4年の歳月をかけ、「iPhone 6s」シリーズでは念願のアップグレードが行われ1,200万画素のカメラになるとされている。また、画総数のアップグレードだけに留まらず「A9」プロセッサにより画像の劣化が生じず、これまでよりも高品質な状態を保つことができるとのこと。

更には4K動画の撮影もサポートしているとのことで、以前Foxconnの従業員がリークさせた内部文章の内容と酷似している。これが事実であれば、内部文章にもあるように240fpsスローモーション撮影にも対応しているものと予想される。

「内向きカメラ」は擬似フラッシュ機能が新たに追加

今回アップグレードされるのは外向きカメラだけではない。内向きカメラであるFaceTimeカメラも同時にアップグレードされ、擬似フラッシュ機能が新たに追加されるとしている。

擬似フラッシュ機能がどうったものであるか、イメージがつきづらいはずだ。情報源によるとハードウェアの面で解決するわけでなく、カメラのシャッターを切った際に白い画面が表示される仕組みとなっているとのこと。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

Comment

*

CAPTCHA