「iPhone 6s」、1200万画素のiSightカメラを搭載か?!

 

iphone-6-plus-camera

次期iPhoneこと「iPhone 6s」に搭載されるiSightカメラの性能は例年どおりきちんとアップグレードされそうだ。

Business Insiderがサプライチェーン内部関係者から得た情報によると、1200万画素のイメージセンサーを搭載した5枚構成のレンズをサプライヤーに発注したとしている!

「iPhone 6s」シリーズ以降も5〜6枚構成になる可能性も

現行モデルである「iPhone 6」のiSightカメラの仕様はf2.2値800万画素となっており構成は「iPhone 6s」でも採用されるとみられている5枚構成レンズとなっている。ただ、iPhone 6sでは画素数が1200万画素まで引き上げられるとされ、カメラの質が大幅に向上するものとみられている。

「iPhone 6s」シリーズである「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」、それぞれのデバイスに差別化が図られているかまでは明らかにされていないが現行モデルである「iPhone 6」シリーズでも光学式手ぶれ補正の有無があるように何かしらの差は生じてくるはずだ
また、iOS 9のシステムファイルからFace Timeのカメラが1080pの動画撮影やパノラマ撮影、240fpsスローモーション撮影のサポート並びにフラッシュのサポートにも対応する可能性が明らかになるなど性能が向上することは間違いないだろう。

なお、既に「iPhone 7」向けに6枚構成のレンズの作成にも着手済みとのことで2016年に発売される次期iPhoneでは、5〜6枚構成レンズになる見通しとなっている。

http://uragadget.net/apple/iphone/new-iphone-linx

http://uragadget.net/apple/iphone/iphone-6/post-6197

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA