「iPhone 6s」はケツポケットに入れても安心?! 2.6倍以上の圧力に耐久できることが判明

 
iPhone 6S Aluminum Bend Test-01

iPhone 6」シリーズでは薄型化を追求したあまり、ケツポケットにいれたデバイスが大きく曲がってしまうなど耐久性に関して様々な問題が浮上してきた。

だが、そんな問題も次期iPhoneこと「iPhone 6s」シリーズでは心配する必要はなさそうだ。Unbox Therapyが行った耐久テストによるとiPhone 6と比較した際、倍以上の圧力に耐えられることが明らかとなった。

アルミ素材「7000シリーズアルミニウム」を採用か

現行モデルである「iPhone 6」では、アルミニウム、マグネシウム、ケイ素を主成分とした6000番台のアルミ合金が採用されているが、「iPhone 6s」では「Apple Watch Sport」でも採用されている7000番台のアルミ合金が用いられている可能性が高い。

iPhone 6が30ポンド(約13.61kg)の圧力で曲がってしまう結果に。
iPhone 6S Aluminum Bend Test-02 それに対し、iPhone 6sでは80ポンド(36.29kg)まで持ちこたえることができた。
iPhone 6S Aluminum Bend Test-01今回のテストではバックパネルのみの比較であるため完成品との耐久度は若干異なるもののiPhone 6よりも2.6倍以上もの強度があることは間違いない。次期iPhoneがケツポケットに入れ折れることはそう起こることではなくなるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA