「iPhone 6s」とみられる内部パーツの写真が流出

 
iPhone-6s

予想されている発売日に近づくにつれリーク情報が増加している「iPhone 6s」シリーズだが、またしても写真が流出し今回は内部パーツと思わしきものが明らかとなった。

袋には「6s」の文字

今回新たに流出した内部パーツの写真はnowhereelseが公開したもので、iSightカメラの金具のリングが入れられている袋には「6s」と書かれたメモ用紙が貼り付けられている。

iPhone-6s-leak-01

形状は従来のモデルと同様に、iSightカメラが出っ張る仕様であることを伺うことができる。

次にフレキシブルケーブルだが、写真からは音量調節ボタンや電源ボタンを結ぶケーブルとLightningコネクタ部分のケーブルやイヤフォンジャックを確認することができる。

iPhone-6s-leak-02

iPhone-6s-leak-03

これまでのケーブルは2つに分かれているものであったが、iPhone 6sでは1本化され、よりコンパクトに収められていることが分かる写真となっている。

またホームボタンのリング部分の金具も、これまでとほぼ同等であり目立った変化は見られない。
iPhone-6s-leak-04

http://uragadget.net/apple/iphone/iphone-news/post-6896

Source:nowhereelse

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA