Apple、8,500万〜9,000万台もの「iPhone 6s」シリーズを発注か

 
iphone-6-plus-camera

今年度中にも発売が予想されている次期iPhoneこと「iPhone 6s」シリーズはSシリーズであることから初回生産分はそれほど多くないものと予想されていた。

だが、その予想とは裏腹にAppleは初回生産分としてサプライヤーに対し8,500万〜9,000万台もの「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」を発注していることが明らかとなった。

“iPhone 6″シリーズを越す初回生産数

去年、発売された「iPhone 6」シリーズの初回生産数は7,450万台となっており、iPhone 6sシリーズの初回生産予定数8,500万〜9,000万台の方が多いことから売れることを見越しての対応だといえる。

機能面についてもいくつか報じられており、外観は現行モデルであるiPhone 6シリーズと大差はないものの、感圧タッチディスプレイを搭載しカメラもアップグレードされるとしている。

なお、iPhone 6sシリーズは9月11日に発表され9月18日に発売されると報じられているが真相は定かではない。
http://uragadget.net/2015/05/14/post-5737/

Source:WSJ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA