「iPhone 6S」並びに「iPhone 6 Plus」にローズゴールドモデルが加わる!?Force Touchにも対応か

 
16836732592_3c19e808fd_b

Appleの製品予想において一定の定評があるKGIアナリストMing-Chi Kuo氏が「iPhone 6S」及び「iPhone 6 Plus」に関した全11種類の情報を公開していることが分かった。
同内容には、以前から噂されていた「ローズゴールドモデル」に関するものや、先日「WWDC 2015」にて発表された12インチモデル「Mac Book」よりトラックパッドに採用された「Force Touch(感圧タッチ)」についても触れられている。

”A9プロセッサ”及び”2GのRAM”を搭載 “Force Touch”も採用

次期「iPhone」こと「iPhone 6S」及び「iPhone 6 Puls」では視覚的な変更点はこれといってないものの「A9」プロセッサ(LPDDR4)並びに「RAM 2G」が搭載される見通しの模様。
また、「Mac Book」や「Apple Watch」にも採用されている「Force Touch」を採用する見通しの様だが、サプライチェーン側からするとボトルネックの1つとなるとされている。

“ローズゴールドモデル”を新たにカラーラインナップに投入

iphone6s_rose-gold

前々から噂になっていた「ローズゴールドモデル」だが、同氏によるとiPhone 6S及びiPhone 6 Pulsよりシルバー、スペースグレー、ゴールドに加え、ローズゴールドもカラーラインナップに加えられるとしている。デザイン・カラーはApple Watchのローズゴールドモデルに非常にマッチするものになるとのことでお揃いにするのもありかもしれない。

既に、Martin Hajek氏によりコンセプトイメージが作成されているので気になる方はチェックしてみてはいかがだろうか。

その他、新たに公開された情報は以下の通りとなっている。

・カメラピクセルがアップグレードされ、12メガピクセルになる可能性を示唆
・高音質化を実現するため、スピーカー付近にマイクを1つ追加。
・Apple Payの利用者拡大を理由に、Touch IDのパフォーマンスを改善。
・ジェスチャーコントロールのサポート。

なお、生産開始は今年8月下旬とされており周期的に見ても例年通りのものになると考えられる。
Source:TechNews

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA