2017年発売の「iPhone 8」はガラス製ボディを採用で3モデル展開に!日経が報じる

 
iPhone8_Concept

2017年に発売されるiPhoneは従来のナンバリング規則から逸れ「iPhone 8」となる見通しであるが、どうやら同デバイスは5インチモデルを含めた3モデル展開でガラス製ボディを採用するようだとNikkei Asian Reviewが報じている!

5.5インチモデルは「プレミアムモデル」として位置づけ

初代iPhoneの発売から10周年の節目を迎える2017年発売の「iPhone 8」は、5.5インチ、5インチ、4.7インチの3モデル展開となり、その内5.5インチモデルはプレミアムモデルとして発売されるそうだ。

5.5インチモデルは前面曲面有機ELディスプレイを搭載し、5インチモデルと4.7インチモデルにおいては従来通り液晶ディスプレイになる見通し。本体デザインは、アルミニウムあるいはステンレスを使用した金属製のフレームが採用され、iPhone 4/4sに似た構造になる模様だ。

iPhone 7では、旧モデルとのデザインの差別化が図られていなかったことから少なからず購入意思が削がれたユーザーがいると考えられており、根本的なデザインの変更を行うことにより潜在的なユーザーの獲得および既存ユーザーへの買い換え需要を見越しての開発を行っているものと考えられる。

なお、背面のガラスパネルのサプライヤーはApple最大のサプライヤーとして知られているFoxconnを抑えて、Biel Crystal ManufactoryとLens Technologyの2社が候補として上げられている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA