Apple、イスラエルの新拠点で早くも「iPhone 8」を開発中か

 
apple_israel

Appleが2017年に発売を予定している「iPhone 8」を昨年イスラエルに新設した拠点にて開発しているとBusiness Insiderが同施設の従業員から得た情報として報じている。

例年通りのナンバリング規則であれば、2017年に発売されるiPhoneは「iPhone 7s」となるように思われるが…。

次期iPhoneは「iPhone 8」で確定か

Appleの新拠点イスラエルのヘルツリーヤで、部品のはんだ付け作業を行っている人物によれば、現在「iPhone 8」の製造ラインで働いてると話していたとのこと。「iPhone 8」というワードは記者から投げかけたわけではなく、情報提供者が自発的に発したようだ。

この発言が仮に事実だとするならば、従来のナンバリング規則が保たれなくなることを意味している。これから考えられることは、来年、2017年でiPhoneの発売から10周年の節目を迎えるにあたり、曲面ディスプレイの搭載、ディスプレイ内へのホームボタン埋め込み、ワイヤレス充電の対応などの機能が盛り込まれメジャーアップデートされる可能性が高いということ。

なお、同情報提供者によればiPhone 8でも従来通りiPhone 6s/7を上回る性能のカメラが採用される見通しであるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA