「iPhone 7」シリーズのバッテリー容量は「iPhone 6s」よりも増加か

 
iPhone-7-battery_leak_01

WWDC 2016で発表が見込まれている次期iPhoneこと「iPhone 7」は従来のモデルよりもバッテリー容量が増えるかもしれない。

WeiboにiPhone 7のものと見られるバッテリーの写真が公開され「iPhone 6s」シリーズよりも微々たる物ではあるものの増加していることが明らかとなった。

バッテリー容量増、バッテリー持ちにつながるか

iPhone-7-battery_leak_02

Weiboに公開された情報を元に「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のバッテリー容量と「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のバッテリー容量を比較したものは以下の通り。冒頭にも記したように増加した容量は微々たるもので1〜2%程度。

iPhone 6s
iPhone 7
iPhone 6s Plus
iPhone 7 Plus
1,715mAh
1,735mAh
2,750mAh
2,810mAh

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は「iPhone 6s/6s Plus」とサイズ感は変わらないと噂されていることから、微々たる増量であっても変化が見られる可能性は十分にある。ただ、容量を増やしたからといって必ずしもバッテリー持ちが向上するわけでは無いため喜ぶのはまだ早い。

なお、「iPhone 7」シリーズは完全防塵・防水機能のサポートがなされているほか、デュアルレンズカメラが搭載されると噂されておりイヤホンジャックが廃止されると噂されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA