「iPhone 7s」の外装はガラス製で有機ELを採用か

 
iPhone_7s

2017年にも発売が見込まれている次期iPhoneこと「iPhone 7s」は、有機ELディスプレイを搭載しガラス製の筐体に変更される可能性が浮上した。

耐衝撃性が課題

これは、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が明らかにしたもので、筐体は従来のアルミニウム製のものからガラス製になるとし、ディスプレイには薄型化と軽量化が可能となる有機EL(AMOLED)が採用されるだろうとしている。

仮に同氏の情報が正しかったとすれば、「iPhone 4/4s」以来のガラス筐体となるわけであるが落下時の耐衝撃性をいかに高め割れないような工夫を施すのかが気になるところ。

なお、同氏は以前より2017年に発売されるiPhoneではデザインの大幅な変更が行われると示唆していた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA