「iPhone 7/7 Plus」は薄型化されず?「Smart Connector」を搭載か

 

iPhone

先月、「iPhone 7」及び「iPhone 7 Plus」のものとされるCADレンダリング図面の写真がリークされたが信ぴょう性は定かでなかった。

そんな中、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)がこれらのリーク写真は本物である可能性が高いと報じている。

イヤホンジャックは噂通り廃止

iPhone_7_leak

今回、本物である可能性が指摘されているリーク写真では噂通りヘッドホン端子は廃止されるものの、さらなる薄型化は行われず「iPhone 6s/6s Plus」と同等のサイズになるとされている。また、ヘッドホン端子廃止に伴いステレオスピーカーが搭載されるとされていたが実現することはなくモノラルスピーカーのままになる模様で純正イヤホン「EarPods」は「Apple Pencil」に似た仕様になる模様だ。

デザインこそ大幅な変化は見受けられないものの、「iPhone 7」にはiSightカメラのセンサーが大型化され、「iPhone 7 Plus」はデュアルレンズが搭載されるなど、カメラ界隈に関してはアップグレードが期待できそうだ。

また、Smart Connectorが搭載され、iPad Pro同様に「Smart Keyboard for iPhone」と呼ばれる専用のキーボードが用意されるとのことであるが、実際に使用するユーザーがいるのかは些か疑問である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA