Apple、有機ELディスプレイの採用を前倒し!iPhone 7sから搭載か

 
iPhone_Watch

iPhoneの有機ELディスプレイ採用は以前より噂されており、その時期は3年後とされていたが、それよりも前倒しされる可能性が浮上してきた。

採用を1年前倒し

日経の中国語版メディア日经技术在线によると、当初2018年から搭載予定であった有機ELを1年前倒しとした2017年度に変更するようだと報じている。

2017年度に発売され、かつ現行通りナンバリングが行われているのであれば「iPhone 7s」で有機ELディスプレイが採用されることとなる。有機ELのサプライヤーとしては、LG Displayとサムスン電子が有力視されていたが、Appleは先述した2社以外も検討対象としてヒアリングを行っていた模様であるが、現段階ではどこの会社が引き受ける形となったのかは明らかとなっていない。

有機ELディスプレイは、省エネやバックライトを必要としないことから薄型化に一役買うことができるなど可能性を秘めている一方で、生産コストがかさむなど課題が多いのも実情だ。

現時、数あるApple製品の中で有機ELディスプレイが採用されているのは「Apple Watch」のみとなっているため仮にiPhoneでも採用される形となれば電池持ちの改善にもつながるものと考えられるため注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA