スノーデン氏、「iPhoneにはバックドアが搭載されている」

 

iphone_backdoor元CIA職員で、米政府の情報収集活動を暴露したことでロシアに亡命中であるエドワード・スノーデン氏が担当の弁護士を通じ「エドワード・スノーデンがiPhoneを使わない理由」を明らかにした。

news.softpedia.comによると以下のように説明されている。

iPhoneにはユーザー自身がボタンを押さなくても勝手に起動し、ユーザー情報を引き出すことができる特別なソフトウェアが含まれている。また、UDIDの取得も行っており、その情報を元にトラッキングを行っている。

 

実際に「iPhone」にバックドアが仕組まれているかは定かではないが、以前Apple側はバックドアの存在を否定しており両者の主張は対立したものとなっている。

今後のAppleの主張に注目していきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

関連記事

コメント0

Comment

*

CAPTCHA