「iPhone 8」のダミーユニットとされる写真が複数公開!全面ディスプレイでTouch IDは非搭載か

近頃、「iPhone 8」とみられる設計図やレンダリング画像などが続々とリークされており姿が明るみになりつつある。

そんな中、「iPhone 8」のダミーユニット(模型)とみられる写真がTwitter上にて複数枚公開され話題を集めている。

「Touch ID」は廃止され全面ディスプレイに

今回、「iPhone 8」のダミーユニットとみられる写真を投稿した人物は、「iPhone 7/7 Plus」のREDモデルのヴェゼル部分をブラックにしたコンセプトデザインなどを公開したことで知られるBenjamin Geskin氏。

背面左上にはデュアルレンズカメラが縦並びに配置されており、現行モデルよりも縦長になっているデザインが特徴的だ。素材は2.5Dガラスであるとのこと。ディスプレイ側にはホームボタン(Touch ID)らしきものが見受けられず、本体上部にはカメラとスピーカー用だと思われる穴を確認することができる。

これまでの「iPhone 8」のリーク情報を統合すると、大きく分けてディスプレイ内部に「Touch ID」を搭載したモデルと背面に「Touch ID」を搭載した2つのモデルが存在するとされている。今回の、ダミーユニットでは前面および背面ともにそれが見受けられない。背面に確認することができないのであれば、ディスプレイ埋め込み型が有力といったことろになるが、「Touch ID」自体を廃止にすると言った噂もあるだけにどちらに転ぶのか微妙なところ。

また、同氏は「iPhone 8」の背面を描いた図面も公開している。今回、公開されたダミーユニット同様にカメラは縦並びに配置されており、2基のカメラレンズの間にはLEDフラッシュが配置されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA